家の外壁を守る!最適な塗り替えタイミングと寿命を延ばすコツ

  • 投稿日:

  • カテゴリー:

家の外壁は、建物の美観を保ち、内部を風雨から守る重要な役割を担っています。
しかし、時間の経過とともに外壁は劣化し、塗装が剥がれたり、ひび割れが生じたりします。
適切なタイミングで外壁の塗り替えを行うことで、建物の寿命を延ばし、維持コストを抑えることができます。
本記事では、外壁塗装の最適なタイミングと塗料選択のポイント、さらに塗装の寿命を最大化するための注意点について解説します。

□家の外壁はいつ塗り替える?最適なタイミングと塗料の選び方


外壁塗装の塗り替え時期は、一般的に築10年を目安とされています。
ただし、この目安は使用する塗料の種類や建物の立地環境によって異なります。
以下に、塗料別の特徴と耐用年数を解説します。


1:アクリル塗料
・耐用年数:2~3年
・価格が安い
・色の変更が容易
・メンテナンスサイクルが短い

2:ウレタン塗料
・耐用年数:8~10年
・弾力性があり、ひび割れしにくい
・紫外線や水分に弱く、変色しやすい
・価格はシリコン塗料より2割程度安い
・酸やアルカリなどの薬品に強い

3:シリコン塗料
・耐用年数:10~15年
・現在の主流となっている塗料
・耐久性に優れ、光沢感がある
・汚れや藻の発生を抑制する効果あり

4:フッ素塗料
・耐用年数:15~20年以上
・最も高耐久な塗料の一つ
・紫外線や酸性雨に強い
・高価ではあるが、メンテナンス費用を長期的に抑えられる

外壁塗装の塗り替え時期は、使用する塗料の耐用年数を考慮しつつ、建物の築年数や立地環境を踏まえて判断することが大切です。
強い紫外線や多雨な地域では、塗料の劣化が早まる傾向にあるため、こまめな点検と適切な塗り替えが必要です。

□外壁塗装の寿命を最大化するポイント


外壁塗装の耐用年数を延ばすためには、適切な塗料選択と優良業者への依頼、そして定期的なメンテナンスが欠かせません。
ここでは、外壁塗装の寿命を最大化するためのポイントを解説します。


1:耐用年数の長い塗料を選択
・フッ素塗料や無機塗料などの高耐久塗料を選ぶ
・初期コストは高くなるが、長期的なメンテナンスコストを抑えられる

2:優良業者に依頼
・相見積もりを取り、各社の提案内容を比較検討する
・見積書の内容が具体的で詳細なものを選ぶ
・塗装技能士1級などの資格を持つ職人がいる業者を選ぶ

3:定期的なメンテナンスを実施
・外壁の汚れや傷み具合を定期的にチェックする
・小さな傷や剥がれは早めに補修する
・塗り替え時期を逃さないよう、建物の状態を注意深く観察する

優良業者選びでは、相見積もりを取ることで各社の提案内容を比較でき、適正価格や工事内容の詳細さを確認できます。
また、塗装技能士1級などの資格を持つ職人がいる業者は、高い技術力と知識を持っている証となります。

□まとめ


外壁塗装の塗り替えタイミングは、使用する塗料の種類と建物の立地環境によって異なります。
一般的には築10年を目安としつつ、アクリル塗料なら2~3年、ウレタン塗料なら8~10年、シリコン塗料なら10~15年、フッ素塗料なら15~20年以上の耐用年数が期待できます。
外壁塗装の寿命を最大化するためには、耐用年数の長い塗料を選択し、優良業者に依頼することが重要です。
また、定期的なメンテナンスを実施することで、外壁の美観と機能を長く保つことができるでしょう。
適切な外壁塗装の塗り替えとメンテナンスにより、建物の価値を高め、快適な住環境を維持していきましょう。
 

施工事例

お客様の声

タキペイントブログ

チラシ情報

お役立ち情報

お問い合わせ

お役立ち情報

タキペイントのおすすめ塗料ガイナ タキペイントのおすすめ塗料アステックペイント
子どもの成長を記録中!子育て日記
無料外壁診断 無料雨漏り診断
施工の流れ よくある質問 カラーシミュレーション